プリントTシャツ

注文の流れ

プリントTシャツを注文するときには、どのような手順があるのでしょうか。簡単に注文の手順を見ていきましょう。

Tシャツを注文する前に

Tシャツのプリントのデザインは、みんなで考えたものを使いたい場合と、ショップの見本の組合せの場合があります。その場合の違いを見ていきましょう。

1 注文の規則をチェック

注文の規則Tシャツのプリントのショップには、原稿の入稿に規則があります。特に色についての物が多いので注意しましょう。自分のパソコンで表現できていた色でも、ショップのパソコンでは、上手く表現できないこともあります。Tシャツのプリントは基本的に、減法混色を使うためだと思います。基本的に、ディスプレイでは、加法混色といって光の3原色と呼ばれる、RGBのR(Red・赤)、G(Green・緑)、B(Blue・青)の3色が使われますが、インクはCMYKシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、キー(Key)が使われます。キーは通常は黒インクが使われる。そのため、ディスプレイとインクで作った色には多少の誤差が出るのです。

Tシャツのプリントを始めて依頼するショップの場合は、あらかじめそのショップにデータの作成方法などを問い合わせておきましょう。主な規則には「作成するソフトの限定」というものがあります。今では大体のパソコンには、オフィス系ソフトが入っていますが、これはイラスト専用ではないので、フォントや色が忠実にプリントできないこともあります。このような問題を避ける場合には囲う専用のソフトを用いて原稿を作成した方がいいかもしれません。イラスト加工専用のソフトで作成したデータにもデータ変換などの作業が必要なことがありますので、入稿のルールについては、ショップのホームページでしっかりと確認しておきましょう。

印刷の位置実際にインターネットで注文する流れを見ると、Tシャツのプリントの原稿をルールに従って作成したら、Tシャツを選んでショッピングカートに入れる。そのときには、枚数や色を選びます。ショッピングカートに商品を入れたらデータの入稿と言う作業になります。データの入稿には、ショップで提供しているファイル転送サービスやメール添付送信などがあります。また、データを保存したCD-ROMなどを郵送で送ることもできます。入稿が終わったら、ショップからデータや金額の確認メールが届くと思います。この時点でしっかりと最終チェックを行わないと、印刷の作業が始まるので、データや印刷位置についてもしっかりともう一度しっかりとチェックして、印刷の開始を承諾するメールを送ります。

Tシャツのプリントの支払い方法は、大きく分けて3つあって「代金引換」、「銀行振り込み」、「クレジットカード払い」など、通常のインターネットショッピング同様に選ぶことができます。銀行振り込みの場合には、入金確認後に印刷作業に入ることがほとんどで、急ぐ場合には、代金引換かクレジットカード払いを選びましょう。Tシャツのプリントは電話やファックスでも注文することができます。

Valuable information

着物をレンタルする

2018/5/10 更新